“マイデータ”を正しく知って、
かしこく便利に活用しよう!

いよいよマイデータ・バンク「MEY」がスタート!
でも、そもそもマイデータって何?

???

スマホやパソコンの使用はもちろん、例えばスーパーで買い物をしたり、フィットネスクラブに通ったり…と、普通に暮らしているだけでも、日々生まれているパーソナルデータ。そして、あなた自身のパーソナルデータのことを“マイデータ”と呼びます。文字通り“あなたに関するデータ”です。「それってどういうこと?」という方へ、マイデータについてやさしく解説します。正しく知って、かしこく便利に活用しましょう。

知っているようで意外に知らない「マイデータ」とは?

マイデータ(個別識別性不問)

マイデータと個人情報はイコールだと思われがちですが、厳密にいうと違います。2017年5月に施行された改正個人情報保護法によれば、個人情報とは「特定の個人を識別できるもの」と定義されていて、氏名、住所、生年月日、マイナンバー、電話番号などがこれに当たります。

一方マイデータとは、これらの個人情報も含んだうえで、「(特定の個人が識別されるかを問わない)個人に関するデータ」のことを表し、例えばオンラインでの購買履歴、スマホアプリによる歩行記録や健康情報、地図閲覧やゲームで利用したGPSの位置情報、家族構成、クレジットカード番号など多岐にわたります。それならたくさん持っていると思い当たる人も多いのでは?

つまり、マイデータとは「法律で定義された個人情報プラス、それ以外の、あなたをとりまく種々のデータ」であり、あなたに関する広範囲な情報の総称といえるものです。

マイデータは自分で管理・活用しよう。
安全、便利なマイデータ・バンク「MEY」が話題!

MYDATAマイデータ

積み重ねてきたマイデータは、あなたの趣味嗜好や行動様式、健康状態など、多くの情報が詰まった大切な財産ですが、プライバシーやセキュリティ上のさまざまな課題もはらんでいます。知らないうちに企業に利用されることのないように、自分で管理しコントロールしたいもの。

そこで利用したいのがマイデータ・バンク「MEY」。あなたが保有するマイデータを、あなたの同意のもと安全に収集し、管理・提供する新しいサービスです。預かったデータは、あなたがその利用目的や提供先などに許諾した場合のみ、第三者(他の事業者)に送られて、活用されます。その報酬として、預け主のニーズに合ったサービスや対価、便益(ベネフィット)をあなたに返礼する仲介役を務めます。銀行にお金を預けると、銀行がそれを運用することで利息が支払われるようなイメージですね。

おトクで楽しいベネフィットが豊富に用意されているマイデータ・バンク「MEY」。これからは、あなたのマイデータは眠らせておくのではなく、自分で管理し、かしこく安全に活用してみませんか?

ログアウトします