情報銀行の役割①
~データ管理とは?~

情報銀行の役割の一つが「データの管理」。
データを一元管理することで、
私たちの生活はどのように変わるのでしょうか?

パーソナルデータをあなた
自身で管理・コントロール。

パーソナルデータは、氏名、住所、生年月日といった個人の属性情報のほか、ショッピングサイトでの購買履歴やインターネットの閲覧履歴、位置情報など多岐にわたります。
情報銀行では、個人に関するこれらの情報を、本人の意思で預けて、預けた情報を本人の意思で他の事業者に提供することも、提供しないことも可能です。パーソナルデータをあなた自身で管理・コントロールできるのが情報銀行なのです。

「これまでのデータ管理」データの預け先が多く、その分、流出や無断使用のリスクも…。「情報銀行でのデータ管理」あなた自身で管理・コントロール。

あなた自身で管理することが、暮らしをもっと
便利・快適にすることも。

パーソナルデータをあなた自身のコントロールの元、まとめて管理することは、安全性の面だけでなく、暮らしをもっと便利にするサービスに役立てられることも期待されています。

例えばあなたが引っ越しをする時、あちこちから書類を取り寄せたり、さまざまな手続きが必要であったりと、なにかと手間を感じるのではないでしょうか?そんな時、例えば、情報銀行で電気、ガス、水道などの登録情報をまとめて管理しておけば、面倒な手続きを一括で済ませられる可能性もあります。
快適な暮らしは、もうすぐそこまで近づいているのです。

「情報銀行の役割:データ管理」
おさらい

  • 個人情報の他、購買履歴やインターネットの閲覧履歴など、さまざまなデータを、あなた自身で管理・コントロール
  • まとめて管理することでさまざまな便利なサービスに役立てられることが期待される

MEYアカウントで利用できるサービス!

  • MEYベネフィット

ログアウトします